ニットパンツで爆睡 〜朝晩はまだ冷える〜

スポンサーリンク

皆さん、おはようございます。
昨晩夜ご飯を食べすぎたので朝ご飯を抜くことを決めたさおりん村長です。

こちらの記事で「漢方薬を飲んだら爆睡できたよ〜」とご紹介をしたところでしたが、
漢方薬を切らしてしまった(Oh〜!)ことをきっかけに、これからは漢方薬以外で快眠できる方法を模索することにしました。(お医者さんに行くのがめんどくさいから。

そして早速ですが、「これしただけで爆睡しちゃったよ!!」という自分でもびっくりしちゃう方法を見つけてしまったので、皆さんにシェアしたいと思います。

方法は超簡単。

やわらかいフワフワのニットパンツを履いて寝るだけです。

(柄付きは売れきれちゃった模様)


さおりん村長はかつて、真冬の時期にズボンの下にこのニットパンツを履くことで寒さから身を守っていました(雪国在住)。
ものすごいあったか効果があって、一度履いたら手放せなくなり、毎日毎日このニットパンツを履いていました。

とは言え、今はもう5月。春も過ぎようとしている時期です。
さすがにニットパンツはもう履かないなと思い、クローゼットに仕舞っていました。


ですが、いくら日中に春の日差しで暖かさを感じていても、やはり夜中や早朝は思った以上に冷え込むのですよね。

とくに寝る直前にお風呂に入る人は、寝床に入るときに薄めの布団だけ掛けてつい寝てしまい、夜中や朝方に「さむっ」となって目が覚めてしまうことってありませんか。
少なくそもさおりん村長はそんなことがしょっちゅうで、寒さで夜中に目が覚めてつい眠りが浅くなってしまうということがよくありました。

そこで『真冬のように厚い布団を掛けて寝る気にはならないけど、真夜中や早朝に寒さで目が覚めるのは嫌だな』と思ったさおりん村長は、春も過ぎようとしている今ですが、このニットパンツを履いて寝ることを思いたったのです。

そしてクローゼットからこのニットパンツを引っ張り出してきて、実際に履いて寝たらまじで最高
寒さで目が覚めることは全くなく、気づいたら朝の10時まで寝てました(これは寝すぎ)。


例えるなら「暖かくてやわらかいお布団を履いている」ようなイメージです。

軽くてゆるふわなので、圧迫感は全くありません(少なくともさおりん村長は締め付けがあるパンツを履いて寝るのは嫌です)。
しかもこれを履いていると毛布1枚で寝られるから布団が重くなくて寝心地が良いし、にもかかわらずお腹の上のほうまで守備してくれるので安心です。

(ギャルが好きそうなショッキングピンクもあるよ)

さおりん村長がこのニットパンツを知ったきっかけはネット掲示板でした。
書き込みでの評判がものすごく良かったので、ついついポチってしまったというのが真相でしたが、これは本当に買って良かった商品です。

どうやらこのニットパンツはネット掲示板では「知る人ぞ知る良品」のような扱いをされていて、確かにAmazonやYahooショッピングのレビューなんかを見ると、評価件数は少ないものの星の数が多い(隠れた名品に多い評価パターン、そして在庫がいつも残り少ない)。


本当に書き込みしてくれた人たちには感謝しかありません。この場を借りて御礼申し上げたいです。
正直に言うと、購入前は「ステマなのかな(・ω・)」って思わなくもなかったのですが、実際に使ってみたら超良品だったので、なんならステマにハマって良かったとさえ思います。

また、上記は9分丈ですが、さおりん村長は

この長さのニットパンツも持っていて、もうちょっと暖かくなったらこっちにシフトチェンジする予定です。
ていうかさおりん村長が買ったときはすみっ○ぐらしと見間違うようなこんなに可愛い柄のやつ売ってなかったんですけど……
もう既に4枚くらい買っちゃってるから買い足せないよ〜〜〜(体はひとつしかない)。

まさに「Oh, my god.」

ちなみにさおりん村長、第一印象として「ニットパンツってちょっとオバサンくさいかなぁ」と購入に際してためらう気持ちもあったのですが、このシリーズは可愛い柄つきのものが売られているので、ある意味ハードルが低くて、買う気になりました(そして買ってよかった)
うっかり人に見られても可愛い柄なら安心ですし。
(なお9分丈のほうが売れきれちゃって無地しかご紹介出来ないのがなんとも悲しい)。

まとめ

まだ朝晩は冷えるこの季節。寝床に入るときは寒くなくても、ニットパンツを履いて寝たら寒さを感じずに朝までぽかぽか状態でいられますので、気になった方はぜひ試してみてください。
「特段寒がりでもないよ」という人にこそおすすめです(寒がりの人はさおりん村長が勧めるまでもなく既に履いてそうだから)。

二日間連続で100円寿司に通ってしまったさおりん村長でした。

タイトルとURLをコピーしました