(どう森)たぬきちめっちゃイイヤツ説

スポンサーリンク

「あつまれ どうぶつの森」の発売まであと一週間を切りました!

あつ森では、たぬきちが運営する「たぬき開発」により提案されたプランのもと、無人島へ移住するという前提でゲームが進むことは皆様ご承知の通りですよね。

歴代のどうぶつの森シリーズ皆勤賞な上、最新作あつ森でも大活躍が予見されるたぬきちではありますが、ネット上での彼の評判と言いますと、

「どうぶつの森シリーズ」での嫌われ役を一身に背負うたぬきち

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200221-00099225-denfami-game  より

たぬきちが嫌われる理由

金がない主人公に付け込んで低賃金で働かせてくる

金があると判断すると勝手に家を増築して更に金を要求してくる

e+では糞のような抽選のくじ引きを実施

とび森では増築の額が跳ね上がり、金を払えないとホームレス同然の生活を強いられる

http://bnewg.sokuho.org/article/sbsp-09181312.html  より

たぬきちが金の亡者なのは揺るがない

http://bnewg.sokuho.org/article/sbsp-09181312.html

「金の亡者」として散々な言われようであります。

ここまで悪口を叩かれるキャラクターはどうぶつの森にはたぬきちぐらいしかいないというものです。
悪口を叩かれるにも理由がありまして、貸金業を営むたぬきちの商売戦術は、借金のことを一切知らせずにプレイヤーの家を建て、後になってから「タダで家が買える訳ないだなも。代金支払えだなも(※イメージ)」と借金返済を求めてくるスタイルだからです。

彼の手にかかれば「気づいたら借金まみれになってた」プレイヤーが世界中に溢れかえるのは事実。
そんなこんなでたぬきちに対するヘイトは作品が出る度に積もり積もってきました。

Googleで「たぬきち」と検索するとこんな有様です

ただですね。たぬきちに本気で悪口を言うのは極々少数の人であり、大体の人はあくまでネタとしてたぬきちの悪口を言っているのが本当のところです。
なぜなら、たぬきちは「無期限・無金利・無審査」という、貸金業者としてはまずあり得ないレベルの好条件のローンを提供してくれるからですね。

さおりん村長はたぬきちに対しては、(たまに腹立ちますが)あんまり悪口を言う気にはならないかな~という感じなので、今回は「たぬきちめっちゃイイヤツ説」と題し、具体的にたぬきちが貸金業者としてどれだけ親切なのかを真面目に説明する記事です。

特に、まだローンというものを組んだことがなくて、たぬきちローンの条件の良さがまだよく分からないピチピチの若~いプレイヤーさんにお読み頂けたらなと思います!

たぬきちローンの特徴① 「無期限」

現実で銀行で住宅ローンを組んだとしたらどうなるかをまず説明します。

まず家を買う費用として5000万円を銀行から借りる契約をしておきます。そして建設会社に依頼して、実際に家を建てて貰います。家の代金は、まず銀行が建設会社に5000万円を支払います。そしてAさんは銀行に5000万円を返しています。一気に5000万円は返せないので、35年間、毎月約10万円ずつ、銀行に返して行きます。この「35年」の部分が期限にあたります。

「毎月○○円返済する」と決まっているのにそれを守れなかったら(大体3ヶ月滞納したら危機感を持った方が良いです)、銀行さんは「ルール違反!」と怒っちゃうわけです。挙げ句「残っている借金○○○万円、一括で返しなさい!!」と言われてしまいます(この状態を「期限の利益を喪失する」と言います。)

そうなるともう大変。毎月○○万円でさえ払えなかった人が、一括で残金全て返済することなんてほぼほぼ出来ませんよね。となれば、「お金払ってないのに家に住めるわけないじゃん! 家売るから覚悟しな!」と言われてしまい、お家は売られて(競売)、出て行かないといけない羽目になります。

ただ家を売ったとしても、その家は1度住んでしまったのだから「中古」になりますよね。最初に家を買ったときは5000万円の価値があったとしても、中古になったら2000万円位に価値が下がってしまうのは当然のことです。もし一度も返済をしていなかったら、差し引きで3000万円が借金として残ります。よって「家は無い。でも借金だけは残っている」と、こんな状況になります。そして自己破産するしかなくなる方も、世の中にはた~くさんいらっしゃいます。

長い前置きになってしまいましたが、それを踏まえてたぬきちローンを見てみましょう!

「無期限」すなわち「何年かかっても良い」ということです。100年かかっても良い。しかも「毎月○○円返す」という縛りすら無いわけですから、ぜんぜんお金を返さなくても、家は売られないし、催促されることもなく、残金一気に返して!とも言われない訳です。すごい。

ただしかし、たぬきちも商売としてやっているわけです。本当に誰も返してくれなくなったら、たぬきちが今度はお金が無くなってしまいますよね。
ここからがたぬきちの賢いところで、たぬきちはまず、いきなり巨額の借金をして大豪邸を建てることはさせないのです。まずワンルームの小さい家を建てて、「もっと家を大きくしたかったら、残っているローンをまず返してね。」という流れになっています。

ワンルームで満足できるプレイヤーさんはほぼほぼ居ないわけですから、家を拡張しては返済、拡張しては返済、という形で、結局一切返済をしないプレイヤーさんはほぼおらず、なんだかんだ返済をしていくことになります。

最終的に大豪邸を建てることになった暁には、もうプレイヤーさんも立派にお金を稼げるようになっていて、返さなくても良いけれど、何となく返すか、みたいな感じで結局完済まで行くと。

まとめると、たぬきちは「無期限」というプレイヤーさんに大きいメリットを提供しつつ、「まず借金を返さなければ家は小さいまま」という条件を課すことで、段階を踏んで返済させていくことで釣り合いをとっているというわけなんです。

たぬきちローンの特徴② 「無金利」

「金利」というのは、例えば銀行から1万円お金を借りたとしたら、返すときには1万1000円にして返さないといけなかったりしますよね。この「1000円」が銀行のもうけであり、金利と言うお金にあたります。
1万円貸して1万円返ってくるだけでは銀行にもうけはありません。もうけがなければ銀行は行員に給与が払えなくなったり、店舗の運営が出来ないので潰れます。

2020年現在、夕方のニュースとかで、「地方銀行が赤字」というニュースを見たことはありませんか?
数十年前の「高金利時代」は、銀行はお金を貸すだけで儲かっていました。しかし、現在は「超低金利時代」と言われており、お金を貸してもほんのすこ~ししか「金利」が入らない時代になっているので、銀行はお金を貸すだけではやっていけない時代になっているからですね(借りる側としてはラッキーです)。

銀行に行くと、行員のお姉さんに、一生懸命保険商品とか、投資を勧められますよね。それはお金を貸すだけでは銀行が儲からないので、保険や投資信託の商品を売ることで「販売手数料」をGETし、それで銀行をやっていこう!という指針に変わってきているからです。

そしてたぬきちローンはと言いますと、なんと無金利です。10000円借りたらそのまま10000円返せばOKなのです。
たぬきちが貸金業だけを営んでいたとしたら、絶対無金利ではお金を貸さなかったと思います。たぬきちが儲からないからです。
なぜ無金利でお金を貸してくれるかと言ったら、たぬきちは建設業の方で(家を作って買ってもらう)利益を上げているからですね。「お金を貸す」「家を建てる」という二つの業種を営んでいるからこそ出来る芸当です。

近ごろは地方銀行がお金を貸すだけではなく、新たな取り組み(コンサルタントとかファンド設立とか)を始めているのも、きっとたぬきちに習ってのことでしょう。(←?)

たぬきちローンの特徴③ 「無審査」

例えばみなさんがある日突然、「10000円貸してください」と見知らぬ人に言われたとしたら、まず貸しませんよね。「えっ誰この人。貸すわけないやん!」となるわけです。
しかししかし、その見知らぬ人がもし、「実ハ、ワタクシ、アラブの石油王なんデ~ス。名刺ここにアルネ。」と言って、なんかすごいSPを連れていて、ちゃんとパスポートとか名刺とかを見せてきて、「現地のお金はた~くさんアル。でも、日本のお金を持ってないネ。ユキチて何? 困っテルね。でも外貨両替したらすぐに返すアル。」とか言ってきたりしたら、「困ってるのかな。この人本当っぽいな。貸してあげようかな」みたいな気になってくる訳です。

つまり人がお金を貸すときは、その相手がちゃんとお金を返してくれそうな人かな?という人となりをチェックするという訳です。それは銀行も一緒。お金を貸すときは、この人はちゃんとお金を返してくれそうかな?と判断するために、今働いている会社名や、年齢、過去に破産したことがある(=借金を返さなかったことがある)かどうかをチェックします。これを「審査」と言います。
普通の貸金業者は審査をします。もし「無審査」と謳う貸金業者がいたら、借金したが最後、むしろ審査にかけられるよりももっと恐ろしいことが起こると思っていて損は無いと思います。

で、たぬきちローンはといいますと「無審査」です。誰にでもお金貸します&家建ててあげます状態です。
えっ!じゃあたぬきちはやばい貸金業者なの?」と言うと、たぬきちに限ってはそういうではありませんね。いくらお金を返さなくてもプレイヤーをいじめてきたり、嫌がらせをしてきたり、催促してきたりということは一切無いわけですから。

なぜたぬきちローンが「無審査」で良いのかと言いますと、これはどうぶつの森ではプレイヤーは自分の村から一生離れない、つまり借金をして逃げるというのがそもそも無理だからですね。100%逃げられない(物理的に)から審査も何も無いんでしょう。

と言うことでたぬきちローンの3つの特徴をご説明しました。このようにかなり好条件なローンを提供してくれるたぬきち。貸金業者としては類を見ない親切さですよね。
「たぬきち=悪人」というのはどうぶつの森界隈での一つのネタですが、あくまでもネタでしかないということを是非ご承知頂きたいなと思います。あつ森での島生活を本気でエンジョイするためにも、たぬきちのことはあまり嫌いにならずに、「まあ良いヤツ……ちょっとムカつくけど」ぐらいに留めておいてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました