【とびだせ】ましゅまろ村紹介【どうぶつの森】

~村長紹介~

2012年12月25日就任 さおりん村長。

3本の上まつ毛が特徴である。

夏場の日焼け予防に余念が無い。
日焼け予防として特に愛用しているのがレモンパック
「コーディネートの邪魔にならない」とさおりん村長の間で大ブーム。
(ポケ森ではアップデートの度にレモンパックが出ることを期待している。)

~住民紹介~(入村順)

1.チャス

2014.11.1 入村。
現住民のなかで、最も長くましゅまろ村に住んでいる。
さおりん村長宅と自宅が近く、もはや敷地の一部として吸収されている。
さおりん村長が愛してやまない住人だが、 さおりん村長によると「上手くあしらわれている気がする」とのこと。 なお「よくふくらはぎを褒めてくれる」とのことである。

2.バンタム

2015.12.21 入村。
スモールサイズの住民が多いましゅまろ村ではビッグサイズで、男らしい性格も相まって番長的存在である。
とにかく優しい。
ぜか頻繁にカモミに贈り物をしている
因みにさおりん村長も頻繁にカモミに家具を献上している(しかしすぐアルパカに出品される)。

3.ジュン

2016.1.11 入村。
自宅についてはかなりスタイリッシュな外観にも関わらず、内観はだらしないシリーズ。加えて愛らしいビジュアルに反し、性格はキザ。何かとギャップが激しい住民である。
言わずと知れたどうぶつの森大人気住民である。
とは言えましゅまろ村のジュンはかなり大人しく、海岸で黄昏ているところをよく目撃される。
さおりん村長は成熟し自立した大人の男性であると認識している。

4.カモミ

2016.4.18 入村。
他の住民宅とは離れた場所に自宅を構え、一人穏やかな暮らしを送っている。
なお自宅近くに交番だけはあるので、何があっても安心である。
事あるごとにさおりん村長の運勢を占う癖がある。

5.マーサ

2016.5.19 入村。
とにかく可愛い。
何か起こると目が赤くなるのが特に魅力的。 海岸沿いの自宅でのんびり暮らしている。
さおりん村長がどうしても一緒に暮らしたかった住民の一人で、入村したときはまさに悲願達成であったとのことである。

6.マリー

2016.8.11 入村。
美しい大人の女性である。
見た目が字のごとく「明るく輝いている」。
ましゅまろ村にイルミネーションの公共事業が無いのは、マリーがイルミネーション代わりだからとの噂がある。

7.ハムスケ

2016.9.17 入村。
インナーマッスルの重要性を説きつつ村中を回っている。なお見た限りではぽよぽよ体型である。
自身と同系色のオレンジの服を好んでいて着ており、どこからが服でどこからが肌なのかよくわからない。
あまりにも愛らしい見た目のため、村で見かける度にさおりん村長はニヤけてしまう(失礼)。

8.リリアン

2016.12.11 入村。
まさに100点満点のビジュアルである。
にも関わらずさおりん村長のことをよく「アタイの憧れだよ!」と言ってくれる。
さおりん村長はそれがとても嬉しいらしく、
リリアンにガッカリされないように、恥ずかしくない身だしなみをしようと日々心がけている。

9.アップル

2017.1.14 入村
さおりん村長が殊更に好意を寄せている住人であるが、 さおりん村長とは一度、離別を経験している。
詳しくは後日掲載予定のブログ記事をご参照のこと。

10.シベリア

2019.8.24 入村。
ブログを立ち上げたほんの少し前に引っ越してきたばかりの住民。
ポケ森で出会ってから、さおりん村長がどうしてもましゅまろ村に来てほしいとの欲望を抑えきれなくなり、amiiboの力で強引に呼び寄せたとのことである。
なお、「良い村じゃねえか!」と引っ越してすぐに言ってくれたので、 さおりん村長は非常にほっとしたとのこと。

夢番地 2E00-0018-897B

タイトルとURLをコピーしました